子供12裁判員制度が導入されたことにより、裁判所や法廷という場所も一昔前よりは格段に身近なものとなっています。
そもそも刑事裁判とは犯罪を犯したのではないかと疑いをかけら推測をされている人に対して、その人が本当にその罪を犯したのはどうかを判断するものです。そしてもし疑惑をかけられている罪を本当に犯していたのであればその罪に対してどれほどの刑罰を負わせるか、その量刑を決めるものです。もしもその犯罪を犯していないという時には、当然のことながら無罪となるのです。裁判員制度が導入をされているのはまさにこのようなケースであり、民事裁判の場合には裁判員制度は導入されていません。そのことが両者の違いとなります。
一方民事裁判とは、誰でも利用することができることが特徴で法律のもとに国家権力を使って問題を解決するというものです。裁判を起こした側を原告といい、裁判を起こされた相手方を被告といいますが、この裁判で勝訴を収めることで裁判所によって命令がなされます。そしてもしもこの命令に背いてその内容に相手が従わない場合には、国家の権力でもって強制的にその命令に従わせることも可能です。民事裁判の場合は自分で行うこともできますが、弁護士に依頼をすることが一般的です。