刑事事件で逮捕されて起訴された場合に保釈が認められるためには、一般的には罪を認めることが条件になります。無実を訴えている場合には認められない場合が多いです。そのために、無実を証明できるにもかかわらず、罪を認めてしまうケースも少なくありません。拘置所に拘禁されている–¼Ì–¢Ý’è-2と拘禁症状で苦しむ人が多いです。事実は裁判で明確にできるのであって、とりあえず拘禁状態から脱したいということで、罪を認める発言をしてしまう人もいます。実際に罪を犯しているのであれば、それは仕方のないことですが、罪を犯していないにもかかわらず、拘禁状態から開放されたいために罪を認めてしまうと、その後の裁判では不利になる可能性が高いです。証言が二転三転することを裁判官は好みません。罪を認めておきながら、後になってその証言を翻しても信憑性に欠けると判断されてしまいます。拘置所に拘禁されていることは苦痛ではありますが、常に真実を述べるようにすることが刑事裁判においては極めて重要であると言えます。弁護士も、罪を認めれば拘置所から出られるし、最悪でも執行猶予は勝ち取れるなどと刑事裁判の被告人に対して唆すことがありますが、常に真実を供述するべきです。