刑事事件は、刑法の条文に規定する犯罪行為を行なった者が警察によって逮捕されることから始まります。ただその段階では、犯罪行為をした疑惑があるということで、犯罪者は被疑者扱いとなります。勿論、犯罪者を逮捕するためには、確実なる証拠が必要で、その証拠がなければ被疑者を逮捕することは出来ません。そして、第一の関門として実際に被疑者は警察署の取調べを受けて48時間以内に被疑者を釈放するか検察官に送致するかを決めます。釈放とは警察での取り調べ状態から解放することを言います。第二の関門としては、検察官に送致された場合、検察官は裁判所に24時間以内の間に拘留請求を行います。ただ拘留請求がなされない場合には、釈放されます。ちなみに拘留とは、刑事施設に拘束されて置かれている状態のことを言います。拘留請求により拘留を認めるかどうかの判断を下すこととなり、拘留が認められると検察官は、拘留請求の日より10日以内に起訴を行うこととなります。なお第三の関門でもある起訴が行なわれると犯罪者が裁判所の法廷に立つこととなります。法廷に立つ前に犯罪者が罪を認めて反省している、証拠が不十分であるといったケースでは、検察官によっては不起訴処分になることもあります。統計的にも50%以上は不起訴処分なることが多く、再犯やよほどの悪質なケースであったり、反省もせずに罪を否認していたり、その他罪状が重い場合等しか起訴はされないです。