審理期間と勾留期間

| 未分類 |

子供13何らかの事件で、警察に勾留されたという場合、その期間は原則として10日です。この10日を過ぎても起訴しないという場合には、速やかに釈放する必要があります。しかし、例外もあります。それが、やむを得ない事由があると判断された場合です。この場合、検察官が請求することによって10日以内の延長がなされることがあります。つまり、逮捕されてしまった場合合計で20日間は釈放されない可能性があるということです。
この最大20日間に起訴するか否かを検察官は判断することになります。この時、事件が罪とはならない場合や証拠が不十分であるとき、法律上の条件を満たしていない場合、起訴猶予となるべき理由があるという際には起訴しないという判断も可能です。
犯した犯罪が比較的軽いと判断された場合には、書面だけで裁判が行われることがあります。これを略式起訴や略式命令と言いますが起訴と同時に釈放となります。
裁判所にて裁判官と検察官、被告人が出席して審理を行う手続きの事を後半と言いますが、起訴後の勾留は原則2ヶ月であり必要に応じて1ヶ月ごとに更新されます。更新は、原則一度とされていますが、犯した罪が渋滞である場合や証拠隠滅のおそれがある場合には複数回の更新も認められます。
審理に掛かる時間は、それぞれの事案により異なります。