私たちが住んでいる日本は法治国家と言われています。
憲法や法律や条例が定められており、それを守らなければならない国になっています。
これらの決まり赤ちゃん03は一般の中から選ばれた議員たちによって決められ、議会で承認されます。
その後、一般の人たちが守るような決まりとして文章化した後、施行をされ、守れなかった場合の罰則も設けられます。
このように決まりをつくって人々がそれを守るようにすることで秩序化しているのです。
決まりを守れなかった場合は警察に逮捕され、検察が起訴をし、裁判を受けることになります。
裁判を受けた後に有罪になれば罰則を受けることになります。
これは加害者に対する裁判制度ですが、中には犯罪被害者の保護制度もあります。
刑事事件の被害者または、その相続人が裁判所に対して加害者に損害賠償請求の申し立てをすることが可能です。
加害者が有罪とされた場合はすぐに損害賠償の審理が開始されます。
この審理は非常に早くて4日以内には行なわれるのです。
刑事事件を担当した裁判所がその職権を利用して調べ、被害事実の立証が簡単に行なえるのです。
この審理は4日以内に終わらなかった場合や異議申し立てがあった場合などは通常の民事訴訟の手続きに変更して行なわれます。